大好き公会堂アピール集会、開催しました

本日の午前中、大好き公会堂アピール集会が開催されました。
ご参加いただいた皆さん、それに参加できなくてもご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました!

公会堂アピール・吹奏楽

開幕に先立って、吹奏楽バンドの演奏がありました。
ちなみに、今日のために市内のいくつかのバンドから集っていただいた特設バンドです。
あと10分で開始となっても人が少なく、心配されたのですが・・・

公会堂アピール

開始時間には一気に大勢の方が集りました!
代表世話人の小谷幸久の挨拶、有志の市議会議員さんのスピーチと続きます。

公会堂アピール・高校生 

市内の高校生の吹奏楽部の生徒さん達も公会堂の存続を訴えました。
小学校の発表会から公会堂デビューし、今までずっと親しんできたホールです。
高校の吹奏楽部の多くは、米子市公会堂で演奏会を開いています。コンベンションは音響が悪く吹奏楽には不向きなので、今後は開催する会場が米子市内になくなってしまいます。

公会堂アピール・合唱

「公会堂を残そう!」のアピール宣言を行います。
その後は参加者全員で手をつないで「ふるさと」を合唱しました。

最後は全員で「のこさいや!」三唱でした。

閉会後、希望者が残って市役所までデモ行進しました。
公会堂アピール・行進

今日の声が市政に反映することを願います。

アピール集会の様子は、参加した mackiee★さんのブログ にも詳しく掲載されていますので、どうぞご覧下さい。

ご協力いただいた皆さん、重ねてありがとうございました。

コメント
米子公会堂の存続の危機を知り、ビックリしています。現在東京で舞台監督をしていますが、
舞台の機構、使い方などを高校生の時に米子公会堂で学んだのが、私の出発点でした。
全国各地にツアーで回りますが、
全国的に言って、『公会堂』と称される建物は設備が古かったり、搬入の便が非常に悪い所に出くわしたりしますが、その点、米子公会堂は設計段階で、熟慮されており(使うものの身になった良心的設計です)現在でも通用するホールです。
古いホールですが、市民で長く大事に使うことが、
その都市においての文化の尺度にも繋がると思います。
  • 舞台監督
  • 2010/11/08 8:57 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック