米子市公会堂市民会議・第2回幹事会

昨夜、「米子市公会堂市民会議」として第2回目の幹事会を実施しました。

議事録をアップしましたのでご覧下さい。

 (第2回幹事会議事録)

米子市公会堂市民会議 第2回幹事会


日時:71519時半〜21時半

場所:米子市民劇場
出席:石田健博、伊澤純、岩崎るり子、加藤洋子、神庭公祐、黒田昌幸、来間直樹、小谷幸久、清水、田中智子、八田頼明、三浦康嵩、柳瀬和子、山本庸子(50音順:敬称略)


1.市民会議の組織作りについて

・会員募集はこれからである。

・現在内諾を得ている団体は、市民劇場・労音・シネマクラブ・米子管弦楽団・ゆめ、など

・(旧)市民会議、充実を求める会の会員が約300名いる。この会員に対しては、案内を送付し、その後に個別に参加を依頼する。

・案内の文面は現在作成中である(来間)。

・案内には趣意書、依頼文、歩みの説明文、申し込み書を同封する予定である。

・ワークショップや「利用促進の会」への参加など、最近の取り組みは報告したい。

・使いやすい公会堂への提言活動(直近の活動)や公会堂運営のサポート(将来の活動)など、当市民会議が何をするのか、今後の展望も報告したい。


・当市民会議の会計は、加藤洋子(幹事)と決定した。

・電話回線は不必要と判断した。現在の契約が完了したら廃止する。


2.米子市主催の利用促進の会について

・7月5日に開催された第2回利用促進の会の内容が報告された:

   ・市より、プロポーザルを前提に進めているが確定はしていない、との報告があった。

   ・利用促進の会の座長は、市のプロジェクトメンバーとは違うことを確認した。

   ・充実を求める会で作成した公会堂図面案を元に提言した。特に、重要文化財化と、広場の
    活用について提言した。

   ・ワークショップの検討内容を元に利用促進案を提言した。

   ・利用団体および(旧)市民会議の会員アンケート結果を元に提言した。

   ・提言の提示に終始した。


・公会堂改修の進捗について現状確認した:

   ・現在利用可能な集会室は、来年9月からは利用停止になることが、市より告知された。

   ・改修による利用促進の目標を確認したい。中心市街地活性化協議会では、活性化ゾーンが
    拡大されて公会堂も含まれるようになったが、目標設定はこれから行われる。

・次回の第3回利用促進の会(7月20日)について検討した:

   ・参加予定者を確認し、未定の人に確認することとした。

   ・前回の提言を元に、参加者および市との意見交換を行う。

   ・単なる意見交換会ではなく、市との共通認識になるように確認しながら進める必要がある。 

   ・例えばリハーサル室を3Fから集会室1Fに移して欲しいという強い要望があるが、
    これは現在の市の方針には無いと思われる。提言し、認識してもらう必要がある。

   ・提言内容の優先順位をつけるべきとの意見と、それはまだ早いとの意見があった。

   ・利用促進の会の議事録について、本来は、立会人の署名があるものが望ましい。

   ・少なくとも、市の作成した議事録と別に、市民会議としても議事録作成しておく。


3.とりアートのイベント予定

・10月22〜23日のとりアート(鳥取県総合芸術文化祭)にて、公会堂をサテライト会場とし、「きらめけ公会堂」のテーマで、ワークショップのアイデアを実現するようなイベントを主催する。

・イベント内容は検討中である。次のような案が挙がっている:

   ・広場でオープンカフェを行う。専門業者に委託したいが、見つからなければ自ら実施する。

   ・広場でマルシェに出店を依頼する。

   ・出店していただけ無い場合、「だるまさんがころんだ」など子供が参加しやすいイベントを
    広場で企画する。

   ・小さなステージを設置し、吹奏楽や地元アーティストに音楽を依頼する。

   ・オープニングとして、書道パフォーマンスやたいこ演奏を依頼する。

   ・予算は公報等を含み15万円である。運送費等は支出できるが、出演謝礼はない。

   ・夜にキャンドルイベントと、野外でのフィルム上映を企画する。

   ・プレイベントして、噴水等の清掃ボランティアを行う。可能なら噴水を復活させる。

・広場のイベントは雨天中止とする。実施判断などマネジメントの準備が必要である。

・ホワイエの利用ができないか(特に天候不良時)、再確認する。

・雨天中止について、出演者の了解が必要である。



5.次回幹事会の予定

 ・次回幹事会は、7月29日(金)19:30〜、市民劇場にて


 以上

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック