米子市公会堂市民会議・第4回幹事会

 昨夜、「米子市公会堂市民会議」として第4回目の幹事会を実施しました。

議事録をアップしましたのでご覧下さい。

 (第4回幹事会議事録)

米子市公会堂市民会議 第4回幹事会



日時:81119時半〜22時

場所:米子市民劇場
出席:岩崎るり子、江田孝、加藤洋子、神庭公祐、黒田昌幸、来間直樹、小谷幸久、田中智子、八田頼明、三浦康嵩、山本庸子、和田守生(50音順:敬称略)



1.第4回利用促進の会(8月3日)の確認

■市からの要望
・設計業者が決まる9月のはじめには、会の意見が設計に反映できるよう意見をまとめて欲しい。
・意見がまとまれば、役所内の公会堂プロジェクトチームに小谷座長から説明して欲しい。
・設計業者が承諾すれば、小谷座長から設計業者に利用者の声を直接伝える場を作りたい。

■今後の利用促進の会
・要望について、一通りの議論がなされた。今後重要度を判断したい。
・重要度の判断は、これまでのような全員の会議形式ではなく、座長中心の何名かのメンバーで。
・まとめ方については、市担当者と座長が別途打合せする。
・次回の会議日程は未定。設計の進捗にあわせ、大事なポイントで召集する。



2.プロポーザル募集結果

・8月5日までに基本設計業者のプロポーザル募集があり、8月8日に1次審査(参加要件を満たしているかの確認)が結果通知された。

・3社(JV)の応募があり、参加要件資格も確認された。



3.公開ヒアリング(プレゼンテーション)

・応募した3社から、2次審査により1社が選定される。
・2次審査では公開プレゼンテーションが実施される。

  ・8月29日(月)13時〜

  ・市役所401会議室

・なるべく多くのメンバーで聴講参加したい。



4.次回ワークショップについて

・次回のワークショップは、提言・要望の優先順位を決定する会とする。

・これまでのワークショップはアイデアを自由に集める会だったが、次回は優先順位を決定する会なので、進め方は異なる。参加者の意見を集めた上で、最終的には多数決なども必要となるだろう。

・特に、メンバーの中で主張が対立する内容に絞って議論したい。主な論点は、

  ・集会室にリハーサル室を設置したいという要望のレベル
  ・楽屋の確保と楽屋前通路の拡張とどちらを優先するか
  開場待ちの人が雨避けできるスペースの確保する方法

などである。神庭が、来間・小谷と相談して進め方を事前検討する。

・音響板への要望内容について、確認が必要である。

・次回ワークショップ日程

  ・8月28日(日)午前9時半

  ・公会堂集会室にて



5.市民会議の組織作り

パンフレットまだできていない。

・盆休み中に来間が作成する。


6.とりアート「きらめけ!公会堂」企画

以下の内容で調整を進める。

■プレイベント「公会堂前庭の池のボランティア掃除隊」

・10月16日(日)10時〜 2時間程度

・掃除道具は公会堂より借りられる。

・濡れても良い服装で参加。

■とりアート1日目 10月21日(金)

・第1/第2集会室で「公会堂写真展」

・準備10時〜、展示13時〜

・写真の募集が必要

■とりアート2日目 10月22日(土)

・前庭で野外ステージとオープンカフェ

・ステージは横7.2m×縦5.5m(4間×3間)を予定

・電源はあるが、音響は準備していない。

・雨天時は第2集会室(大音量は不可)

・準備10時〜

・第1部 12時半〜14時

  ・米子西高校 書道パフォーマンス

  ・がいな太鼓 子供連 /八田

  ・文化団体2団体程度(吹奏楽、合唱など) /小谷

・第2部 14時〜16時半

  ・KAYOKOさん他、アーティスト3〜4組 /神庭

・第3部 18時〜

  ・映画鑑賞 (銀色の雨、または、梨の花は春の雪)

■とりアート3日目 10月23日(日)

・第1/第2集会室で「公会堂写真展」 午前中

・講演会&座談会 ”きらめけ公会堂”

  ・基調講演 藤木竜也先生(米子高専)

  ・座談会 友松康雄・吉野立・神庭公祐(ワークショップ発表)

    助言者 藤木竜也先生

    進行  来間直樹

■チラシ等の予定

・とりアート西部地区共通パンフの掲載内容は、8月22日に締め切り

・きらめけ公会堂の個別パンフも作成する。9月初旬〜半ば頃。

・次回検討委員会は8月22日19時〜、ゆめ蔵にて。



7.次回幹事会の予定

 ・次回幹事会は、9月8日(木)19:30〜、市民劇場にて



 以上


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック