米子市公会堂の工事状況(2013/2/17現在)

1月より、いよいよ公会堂の改修工事が開始されました。
 

工事を担当するのは鴻池組と地元大手建設業者のJVです。
鴻池組さんは半世紀前の公会堂の新築工事、四半世紀前の大改修の両方を担当されてきて、引き続き今回の改修を担当されることになりました。
歴史を感じます。


公会堂は仮囲いに囲われ、駐車場部分に二階建ての仮設事務所が設けられています。
外観はまだ変わっていないように見えます。


ホール内部では椅子が撤去されているそうで、玄関前をよく見ると取り外された椅子が積み上げられています。

手前にショベルカーがいますが、そのあたりのブロックタイルが剥がされているようです。
地下室にある巨大な空調設備などを更新しますから、そのための工事を先に行うのでしょうか?

米子市公会堂市民会議としては、工事中の内部の見学などを米子市に依頼してみます。
見学ができたら、工事の様子をもっと詳しくお伝えします。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック