米子市公会堂・改修工事のスケジュール

本日の工事現場の見学会で、施工スケジュールも詳しく説明いただきました。
資料を直接載せる許可は未確認なので、要点を説明します。
(工程表と仮設図面をいただきました。資料ご希望の方は直接連絡ください)

工事の完了予定は、平成26年2月28日です。

工事のメインとなる、ホール工事のフローチャートは次のようになります:

 劇場椅子撤去
  ↓
 床仕上げ撤去
  ↓
 現況実測
  ↓
 内部足場組立(天井仕上解体用)/足場1回目
  ↓
 天井解体 【ちょうど今頃から】
  ↓
 音響測定 4月上旬
  ↓
 内部足場組替え(鉄骨解体用)/せり上げ 足場2回目
  ↓
 既設屋根解体
  ↓
 ★屋根鉄骨解体 4月〜5月中旬
  ↓
 内部足場組替(鉄骨建方用)/せり上げ 足場3回目
  ↓
 鉄骨建て方
  ↓
 躯体工事
  ↓
 屋根防水
  ↓
 音響測定 7月下旬
  ↓
 ウレタン・耐火被膜
  ↓
 内部足場組替え(遮音天井用)/解体 足場4回目
  ↓
 遮音天井
  ↓
 内部足場組替え(下地鉄骨用)/解体 足場5回目
  ↓
 天井下地・ボード仕上 11月中旬
  ↓
 足場解体
  ↓
 床仕上 12月下旬
  ↓
 客席椅子取付 来年1月下旬



特に今回の工事の特殊な部分は、現状の屋根の解体(★)です。
通常の解体ならば壊せば良いだけです。
しかし今回は建物を傷めないために、乱暴に壊すことができません。
また、道路カッターのように水を使うカッターも使えません。

そこで、乾式カッターというカッターを使って天井を約100のパネルに
小分けし、ひとつづつ80t大型クレーンで上から吊り下げ撤去します。
その作業は4月から5月にかけて実施されるので外から見られるでしょう。

また、新しい天井を貼る6月頃の作業では、短期間ですが220tの
大きな油圧クレーンも使われるようです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック